ちゅらトゥースホワイトニングとビースマイル♪2つのホワイトニング歯磨き粉の特徴は?違いは?さてあなたにふさわしいのはどちら?

ちゅらトゥースホワイトニングの挑戦者?!ビースマイルの今話題の情報をリサーチ!

ちゅらトゥースホワイトニングとビースマイルは、どちらも歯の汚れを包んで除去したり、再着色を防ぐ効果があるホワイトニングアイテムです。
ホワイトニング効果が高いことで人気の両者ですが、比較をしてみると細かい点に違いがあります。

 

ビースマイルにはこんな特徴があります。
★汚れがはがれ落ちる爽快感!
★口臭の原因にもなる虫歯・歯周炎・歯周病を予防!
★充実の生産体制で作られる歯と歯ぐきにやさしいフリー処方!

ちゅらトゥースホワイトニングとビースマイルの価格や効果をリストにまとめてみました。

商品名 ちゅらトゥースホワイトニング ビースマイル
通常価格 6,458円 5,184円
定期購入:初回価格 4,298円 2,592円
送料 無料 無料
返金保障 なし なし
特典 ワンタフトブラシ サプリメントケース
定期購入:2回目以降 5.378円 4,147円
継続回数 3回以上 3回以上
容量 30g 30g
楽天での販売 なし 販売中
Amazonでの販売 販売中 販売中
主な効果

黄ばみ・ステイン除去
歯に付着した汚れを落とす
虫歯リスクを軽減
歯ぐきの腫れ、歯肉炎、口臭を予防

ホワイトニング
虫歯予防
歯肉炎・歯周病予防
口臭予防

研磨剤 使用していない 使用していない
主な成分

ポリアスパラギン酸(PAA)
ビタミンC
リンゴ酸
GTO
アラントイン
シメン-5-オール

ポリアスパラギン酸
ビタミンC
リンゴ酸
GTO
アラントイン
シメン-5-オール

※ちゅらトゥースホワイトニング、ビースマイルの公式サイトでは税抜価格で表示されていますが、リスト内では比較しやすいように税込価格を計算して表示しました。

 

ちゅらトゥースホワイトニングとビースマイルを試してみ方のご意見

配合成分はメーカーごとに違うものの、ちゅらトゥースホワイトニングとビースマイルの有効成分は同じです。
どちらにも、ポリアスパラギン酸、ビタミンC、リンゴ酸、GTO、アラントイン、シメン‐5‐オールが配合されています。
ただ、ビースマイルには茶エキスやシャクヤクエキス、カンゾウエキスなど天然由来の植物エキスも入っています。
これらの成分は爽快感を与えてくれるので、すっきりした使い心地が特徴です。
ただし、同じ成分が使われていても、品質はちゅらトゥースホワイトニングの方が良いようです。
ビースマイルの場合、歯磨きジェルと液体歯磨きの2つのアイテムがあります。
これを併用することでホワイトニング効果が高まりますが、ちゅらトゥースホワイトニングはこれ1つで効果が得られます。
併用するということはその分コストがかかるので、単価で言えばちゅらトゥースホワイトニングの方が高いものの、コスパはビースマイルの方が悪いと言えますね。

 

有効成分も効果も同じちゅらトゥースホワイトニングとビースマイルですが、単品で効果が得られて品質が高いのはちゅらトゥースホワイトニングです。
ですので、品質で選ぶ方はちゅらトゥースホワイトニング、単品だと効果が不安という方はビースマイルを選ぶといいですね。