ちゅらトゥースホワイトニングの副作用について成分をチェックしてみました。

ちゅらトゥースホワイトニングの副作用はあるの?

ちゅらトゥースホワイトニングの副作用はあるのか?ないのか?

ちゅらトゥースホワイトニングを使うと、ただ歯が白くなるだけではなく、黄ばみにくくなったり歯茎が健康になるという効果が期待できます。
これらの効果が得られるのは、りんご酸やビタミンCなどの成分が配合されているからです。
ただ、ホワイトニング剤ではあまり使われない成分なので、副作用が心配という方もいるでしょう。

 

りんご酸は、色素の着色汚れを浮き上がらせたり、歯をコーティングして色素沈着を防ぐ効果が期待できる成分です。

また、ビタミンCには汚れを取り除く効果に加え、抗酸化作用によって歯茎の健康も保つ働きを持っています。
歯の汚れを剥がすPAAや虫歯を予防するGTOとこれらの成分の相乗効果によって、普通のホワイトニング剤では得られない歯の白さを実現してくれるのがちゅらトゥースホワイトニングです。

 

ちゅらトゥースホワイトニングは安心!

このように耳慣れない成分がいろいろと使われているちゅらトゥースホワイトニングですが、結論から言えば副作用の危険性はありません。

 

りんご酸やビタミンCは天然由来の成分ですし、そもそもちゅらトゥースホワイトニングは医薬部外品なので副作用はないと言えます。

 

副作用とは、本来の目的以外の症状のことをいいます。
例えば、風邪薬は咳やくしゃみの症状を改善するために服用しますが、副作用として眠気が起こることがあります。
これは薬効成分によるものであり、医薬品のように効果効能が認められている製品に発生する症状なのです。

ちゅらトゥースホワイトニングは医薬品ではありませんし、歯の汚れの改善や付着予防、虫歯予防以外の症状というのは出ていませんから安心して使ってください。

≫≫≫あなたも”ちゅらトゥース”で真っ白に!