ちゅらトゥースホワイトニング!3番目として〈ホワイトニングの効果〉に関して説明します。

ちゅらトゥースホワイトニングとホワイトニングの効果はどうなっているの?

ちゅらトゥースホワイトニングと言えばホワイトニングの効果では、一昔前までは、歯を白くするには黄ばんだ部分を機械で削り落とす方法しかありませんでした。
ですが、この方法だと歯が薄くなる上に、エナメル質を傷つけてしまうため歯の健康を損なうというデメリットがありました。
そのデメリットをなくすことに成功したホワイトニングには、どのような効果があるのでしょうか。

 

ホワイトニングで使用するのは、過酸化水素を主成分としたホワイトニング剤と呼ばれる薬剤です。
過酸化水素には、歯に塗布することで水と酸素に分解される性質があります。
過酸化水素の酸素というのは、歯にこびりついている色素と結合して分解する働きを持っています。
分解された色素は歯から剥がれ落ちていきますから、ホワイトニングには歯を傷つけることなく白くする効果があるのです。
また、過酸化酸素が分解される過程では、活性酸素も発生します。
活性酸素は、大量発生すると細胞を攻撃してダメージを与えますが、適量であればウイルスの侵入を防ぐなど体にとって大切な役割を持っています。
この活性酸素が歯に付着すると、エナメル質に反応して光を乱反射させます。
研磨剤などで傷ついた歯というのは輝きを失ってしまい、そのせいで余計に黄ばみが目立ちます。
ですが、活性酸素が光を乱反射させることで輝きが取り戻せるので、ホワイトニングをするとただ白くなるだけではなく、美しい歯になるという効果も得られます。

 

ただし、差し歯やかぶせ物、入れ歯など人工歯にホワイトニングをしても白くはなりません。
また自分の歯であっても、抗生物質の一種であるテトラサイクリンによって変色した歯には効果がないので、事前に白くできる歯とできない歯を確認しておきましょう。

 

ちゅらトゥースホワイトニングを使ってみて今まで挑戦できなかった色も使えるようになりました。
ちゅらトゥースホワイトニングの今ではすっかりファンです。白い歯はこころまで明るくしてくれる気がします!