ちゅらトゥースホワイトニング&そして[ホワイトニングは痛くないの?]をテーマにお話しします。

ちゅらトゥースホワイトニングをはじめホワイトニングは痛くないの?

ちゅらトゥースホワイトニングといえばやはりホワイトニングは痛くないの?ですが、ホワイトニングというのは、簡単に言うと歯を漂白する治療です。
衣服の漂白剤は刺激が強いので、素手で触ると手荒れを起こすこともありますから、歯への刺激が心配という方もいるでしょう。
では、ホワイトニング剤を使う治療は痛みが伴うのでしょうか。

 

結論から言うと、ホワイトニングの治療というのは痛くないと思って大丈夫です。
ただし、痛みの感じ方には個人差がありますから、絶対に痛くないとは言えません。
ホワイトニング剤には、有効成分の過酸化水素が高濃度で配合されているので、人によってはこれが滲みることもあります。
過酸化水素はオキシドールの原液ですから、傷口にオキシドールの消毒液が滲みるように、ホワイトニング剤が滲みて痛くなる可能性もあるのですね。
ですが痛みがあるとしても、それは治療中だけです。
傷口にオキシドールを塗ってもずっと痛みが続かないのと同じで、ホワイトニング剤による痛みも治療後には治ります。
どんなに続いても24時間以内に治まりますから、特に心配する必要はないでしょう。
基本的に、痛みがあるということはそれだけ過酸化水素の濃度が濃いので、その分ホワイトニング効果が高まります。
と言っても、痛みがないからといって効果がないということではありません。
例え高濃度のホワイトニング剤を使っても、虫歯があったり歯が削れたりしていなければ痛みを感じないのが普通です。

 

いずれにしても、ホワイトニングによる痛みに関しては、歯や歯茎の状態によって感じ方が異なります。
ですので、どうしても心配という方は事前に痛みへの対処法を相談しておくのがベストです。

 

ちゅらトゥースホワイトニングは刺激の少ない成分で口の中がピリピリしないのでとても重宝しています。外出先でも使えて便利ですね!
ちゅらトゥースホワイトニングで歯本来の白さが戻ってきました!研磨剤ふしようだから歯を傷つける不安がありません。安心です!