ちゅらトゥースホワイトニングといっしょに【ホワイトニングができない歯・向かない歯】について知っておきたいことをまとめました。

ちゅらトゥースホワイトニングだと大丈夫?ホワイトニングができない歯・向かない歯ってあるの?

ちゅらトゥースホワイトニングと言えばやはりホワイトニングができない歯・向かない歯なんです。
歯を白くする方法として、現時点でもっとも効果が高いと言われているのがホワイトニングです。
ただ、残念ながらどんな歯にも施術が出来るという訳ではありません。
例えホワイトニング剤を塗布するだけの治療であっても、できない歯や向かない歯があるのです。

 

まずホワイトニングができない歯というのは、差し歯や入れ歯など人工の歯もしくはセラミックなどで出来た歯、詰め物が入っている歯です。
ホワイトニングというのは、歯の表面の汚れを除去すると同時に、エナメル質の構造を変性させて輝かせることで白くしていきます。
人工歯やセラミックなどは体が作り出したエナメル質とは異なる構造で作られていますから、ホワイトニングをしても白くはなりません。
そして、自分の歯であってもホワイトニングが向かないのは、神経がない歯や子供の歯です。
神経を取ってしまっている歯は、象牙質の色が濃くなるという性質があります。
表面のエナメル質を白くしても、象牙質は透けて見えてしまうため象牙の黄色が濃くなったらエナメル質も黄ばんで見えるので、ホワイトニング効果は得られません。
また子供の歯は成長途中ですから、14歳以下はホワイトニングが向かないと言われています。
ちなみに、子供のころに抗生物質の影響で黄ばんでしまった永久歯にも効果がないので、ホワイトニングには向いていません。
ホワイトニングというのは、表面のエナメル質に働きかけることで歯を白くしていきます。
人工的に作られたものや内部の象牙質の黄ばみは改善できないので、自分の歯がホワイトニングできるか、向いているかしっかり確認しておきましょう。

 

ちゅらトゥースホワイトニングを使ってみるまで、デリケートなことだからなかなか言えなかったみたい…歯の汚れや口臭で悩んでいました。
ちゅらトゥースホワイトニングで変わる!歯の印象って笑顔ってこんなに変わるんです!今まで見た目がすごくきれいでも歯が黄ばんでいたので、正直引いていました。でもちゅらトゥースホワイトニングで安心です。