ちゅらトゥースホワイトニングと〔ホワイトニングの安全性と副作用〕のポイントです。

ちゅらトゥースホワイトニングなんかのホワイトニングの安全性と副作用はどうなっているんですか?

ちゅらトゥースホワイトニングとホワイトニングの安全性と副作用について、漂白効果によって歯を白くするホワイトニングはとても魅力がある反面、安全性や副作用が気になるという方もいるでしょう。
歯は、熱いものや冷たいものでも滲みたり痛かったりするのですから、ホワイトニング剤でトラブルが起こるのではと心配するのも当然です。
ここでは、ホワイトニングの安全性や副作用について見ていきましょう。

 

以前のホワイトニングで使用されていたのは、歯のエナメル質を溶かす酸やミョウバンなどでした。
こういった物質は歯にダメージを与えることから安全性が問題視されていました。
しかし、現在ホワイトニング剤に使われているのは過酸化水素という成分です。
過酸化水素というのは衣服の漂白剤や消毒薬、髪を脱色する薬剤などに使われています。
濃度が60%以上の場合は取り扱いに注意しなくてはいけませんが、生活用品に使われる過酸化水素は濃度が低いので安全性には問題ありません。
ホワイトニング剤に配合される過酸化水素も、体に害を与えるほどの濃度ではないので、基本的に副作用もありません。
ただし、用法用量を守らずに使ってしまうと、知覚過敏のような症状が出ることがあります。
と言っても、正しく使っていればこういった症状が出ることはないので、心配しなくて大丈夫でしょう。

 

もともと、過酸化水素によるホワイトニングの研究は100年以上前から行われていたので、安全性は確認済みと言えます。
ちなみにホワイトニングの治療中に痛みを感じることがありますが、これは歯の正常な反応で副作用ではありません。
いずれにしても、歯を削ったり溶かしたりして白くする方法ではないので安心して治療できます。

 

ちゅらトゥースホワイトニングは着色汚れを浮かせて分解し、汚れを包み込んで除去します!
ちゅらトゥースホワイトニングなら、クリニックに行ってホワイトニングする必要はありません。お金もそんなにかかりません。時間も1日2回歯を磨くだけです。
ちゅらトゥースホワイトニングTRY IT!あきらめる前にちゅらトゥースホワイトニングを試す!