ちゅらトゥースホワイトニングとあわせて|ホワイトニング後の食事は?|をテーマにお話しします。

ちゅらトゥースホワイトニングとホワイトニング後の食事は?何をたべればいいの?

ちゅらトゥースホワイトニングといえばやはりホワイトニング後の食事は?なんです。
ホワイトニングをすると、歯が見違えるように白く綺麗になります。
ただし、白くなったからといって油断をすると、食べ物や飲み物によって歯が着色されてしまいます。
せっかくお金をかけてホワイトニングをするのですから、少しでも効果を長持ちさせるためにホワイトニング後の食事に気をつけましょう。

 

ちゅらトゥースホワイトニングで白さを実感できるから毎日の歯磨きがたのしくなります。
ちゅらトゥースホワイトニングはお口の中を健康に導きます。虫歯、歯周病、歯肉炎や口臭の予防にも効果を発揮!歯と歯ぐきの健康も守ります。
ちゅらトゥースホワイトニングのGTO新成分が虫歯リスクをとことん減らす!

 

ホワイトニング後でも食べたり飲んだりして大丈夫なのは、色の薄い物や白い物、もしくは無色透明なものです。
例えば主食であればお米やうどん、パン、おかずであれば白身魚やしらす、野菜なら白菜や大根、カリフラワーですね。
飲み物だと牛乳や白ワイン、そして水や炭酸水などです。
なんとなく味気ないかもしれませんが、ホワイトニング後は着色しやすいので、出来るだけこういったものを取り入れましょう。
もし洋食を食べたいという場合は、ホワイトソースを使ったものやスパゲティでもカルボナーラやペペロンチーノなどを選ぶといいですね。
一方、食べない方が良いのはポリフェノールが含まれる色の濃いものです。
特に着色されやすいのはぶどうやトマトなどが原料になっているものです。
代表的なのは赤ワインやトマトソース、ケチャップなどで、他にもコーヒーやお茶類、ソースや焼肉のタレなども要注意です。
いずれにしても、赤や茶色、黒など色が濃いものは着色力が強いので避けましょう。

 

色が濃いおのを食べてしまったら、出るだけ早めに歯磨きをするのがベストです。
歯磨きができないシチュエーションだとしても、水を飲んだり口をゆすいだりして着色を防ぐように心がけたいですね。